脱毛によるやけどについて

###Site Name###

ムダ毛の処理として現在行われている施術にはクリニックなどで行われる医療用レーザーによるレーザー脱毛やサロンなどで行われるフラッシュ脱毛などがあり、医療用レーザーの場合はレーザーの光をムダ毛のメラニン色素に反応させ熱エネルギーによって毛母細胞を破壊します。
サロンで行われるフラッシュ脱毛も光の波長を毛母細胞のメラニン細胞に反応させて破壊する方法で療法とも熱エネルギーを利用するのですがレーザーの場合は出力が高くやけどを起こす可能性があり、メラニン色素に反応する特徴からシミや日焼けなどにも強く反応することがあり皮膚に水泡ができるなどのやけどの症状が出てしまいます。



クリニックには医師がいますので、もしもの時にはすぐに対応して治療を行ってもらえるのですが、やはりやけどによるはだトラブルは避けたいものです。



この様なトラブルを避けるためにも、施術前に確実に正確な火傷予防のテスト照射が必要になり、その結果を元に肌に当てるレーザーの適正な出力を決めることが大事です。

テスト照射する箇所はワックスなどで脱毛している箇所や白髪のある箇所などには反応しませんので毛を生やした状態の肌でテスト照射を行う必要があります。

このてすとによって照射した箇所に炎症が起きていないかやレーザーによるアレルギー反応が出ていないか、発疹などが出ていないかをチェックをしてもらい、適正で安全な脱毛を行うことができ、重い症状の火傷を避けることができます。





PAGE TOP