ホクロのある部分の脱毛について

###Site Name###

現在永久脱毛できる方法は、レーザー、電気、光を利用した方法です、このうち、レーザーと光を利用した方法は、黒い色に反応する光やレーザーの性質を利用して行っています。
黒い色に熱を加えて、その熱で毛根を破壊する事によって脱毛を完了します。
その為、色素が沈着している部分や、ホクロ、色素の薄い体毛、粘膜などにはこれらの方法で施術をする事が出来ません。


ホクロに生えている体毛に使用できる方法は、電気針脱毛です。



この方法は、1970年代後半までは医療脱毛で主流に行われていた方法です。

毛穴の中に針を挿入して、針に電流を流して熱を加えて、毛根の下部にある毛乳頭を破壊します。


毛乳頭は、体毛を作っている部分で、毛乳頭が破壊されると体毛は再生能力を失います。

この方法は、針を毛穴に挿入できる状態の肌であれば、どのような部分の肌にも使用する事が出来、肌の色にも左右されないので、ホクロに生えている体毛にも有効な方法です。



体毛を一本一本施術する必要がある為、時間がかかると言う欠点がありますが、ホクロのように狭い部分の施術の場合には余り時間はかかりません。直接毛根に熱を加えて施術を行う為、確実に毛根を破壊する事が出来ます。

針を毛穴に挿入する為、痛みはありますが、医療機関で施術を受ける為、カウンセリングの際に希望をすれば麻酔を使用して無痛で施術を受ける事が出来ます。



体毛の生えている量によっては、何度か通院が必要になる事もあります。



PAGE TOP